世のよろず商品の選び方草紙

輸入雑貨屋歴10年のキャリアの視点から、モノ選び、商品選びについてプロ目線で語ります

格安SIMの選び方

格安SIM生活のススメ

2016/12/13

携帯電話の請求が「高い」と感じる方へ(安いと感じる方には不要かも!)

概要

ソフトバンクのiphone4sから格安SIM(IIJ)とソフトバンクのガラケーの2個持ちに乗り換えました。(2015年11月)
それから1年ほど経ちました、2016年12月現在も問題なく使っています。通信費は2社合計で毎月3000円ほどで安くなり助かっています。

ドコモ、AU、ソフトバンク以外の携帯電話会社を利用しよう

ドコモ、AU、ソフトバンクの3大キャリア3社でご利用の皆さん携帯電話代金が毎月8000円以上かかっておられるのではないでしょうか。

この3社以外を選ぶことで、毎月の携帯電話代を安くできます。

スマホにはSIMカードというものが刺さっていて、そのカードで通信会社の回線利用する仕組みになっています。

ドコモにはドコモのSIMが、ソフトバンクにはソフトバンクのSIMが挿さってます。
SIMを別の通信会社のもの交換することで、毎月の携帯電話代を安くすることができます。

iphoneのSImカード iphoneのSIMカード(ソフトバンク)

 

SIM比較

こんなイメージです。

格安SIM 3パターン

スマホのSIMを挿し替えれば、格安の通信会社でスマホを利用できることがわかりました。
でわ、さっそく格安SIMを買ってきて自分のスマホに挿してしまおう!

と思われたと思いますが、そうは問屋がおろさないなのです。

【ココ重要】
ドコモ・AU・ソフトバンクで購入したスマホにはSIMロックというものがかかっています。例えばドコモで購入の端末にはドコモ以外のSIMでは動作しない。

はい、ご想像のとおり、大企業が顧客を囲い込み、利益をチュウチュウ吸い上げるシステムです。
おっと、それは悪だ!なんて思ったアナタ、それは間違いです。世の中には筆者のような貧乏人ばかりでなく、お金なんでものすごいあるぞよ、って方もおられるのです。そういう方は、携帯電話代が高いなんて思いも寄らず、3大キャリアでなんにも考えず、健やかにご利用されていて何の問題もなく、日々満足しておられます。

それを、なんやかんやと調べあげて格安SIMなるものを利用しようと、偉大なる大企業様がせっかく囲い込んでくれたSIMロックを、わざわざ海外メーカーのパーツを差し込んでまで利用しようとする醜態!
この無様なまでのコスト削減プレイの原因は、すべて筆者の低所得が原因なのです(涙)。

おお、なんたることでしょう。格安SIMを紹介する記事を書いているうちに、筆者の所得の低さが露呈するこの悲劇、

料理においてレストランのフルコースだけが、ごちそうじゃありませんよね。東南アジアの屋台で食べる麺類とて、とっても美味しいのです。
格安SIMはいわゆる屋台料理ってところですかね、そう、低所得でも美味しく楽しく生きていけるんです。

 

格安SIMを買う前に、自分のスマホ環境はどのパターンか確認しましょう

今持ってる端末 ドコモ
AU
ソフトバンクで契約中
SIMフリー端末 持ってない
スマホ スマホ iphone
SIMロック解除 必要  不必要  不必要
何が必要? SIMロック解除 なし 格安SIM購入時
に本体を同時購
入するか、別途
購入するか決断

ドコモ・AU・ソフトバンクで契約中の方はSIMロック解除が必要

今のままでは、格安SIMを買ってもそのままでは使えません、「SIMロック解除」作業が必要となります。

SIMロック解除に必要なもの

  • SIMロック解除アダプタSIMロック解除アダプタはネット通販で市販されています、主に海外のメーカーで自己責任、メーカーはGPPというところが日本では流通しているのでしょうか?
    筆者はGPP社の商品をamazonで980円で買いました。
  • SIMロック解除作業
    自分知識で自分が行います、ドコモショップなどの携帯電話屋さんが行ってくれるものではありません。
    自分でいろいろ調べ、作業も自分でやらなければならないので、怯んでしまう人、わからないから出来ないやって人もおられるでしょう。
    ネットでいろいろ調べると良いとおもいます、やりかたを紹介したページはたくさんあります。作業参考例 SIMロック解除アダプタ販売店の解説ページのリンクです。GPP iPhone4S SIMロック解除方法

SIMフリー端末の方

問題ありません、格安SIMを買えばOK

スマホ端末を持っていない方

SIMフリー端末を買うか、格安SIMを契約するとき、同時にスマホ端末を購入するかの2択です。
格安SIMの会社で購入すると分割払いで購入できることが多いです。

格安SIM会社はIIJmioに決定

かくなるSIMロック解除やSIMフリー端末の購入を経てやっと、格安SIMの動かせる環境になったわけです。

格安SIMは、似たような会社がたくさんあり、それぞれの会社の中で、これまたいっぱいコースやオプションが選べます。
インターネットのプロバイダ選びのような、「いったいどれにしたらエエねん!?」的、難しさがあります。
どれにしたらエエねんを筆者が一刀両断にしたいと思います。

格安SIM会社は、ずばり IIJmio です。

IIJmioを選んだ理由

  • ホームページにアクセスして、開通や解約、コース変更などが簡単に申し込める。
  • 決済にジャパンネット銀行のVISAデビット受付あり(筆者にはココが重要)
  • IIJmioは2015/12/24以降、デビッドカードでの登録はできなくなりました。
  • データ通信(音声なし)だと月額1040円!

簡単に言うと、安い、早い、しっかりした会社!ってことでしょうか。回線は他の格安SIM同様にNTTドコモの回線を利用しています。

筆者はソフトバンクのiphone4Sをsimロック解除して、IIJmioのミニマムスタンダードプランSMS付きで契約しています。
月額1040円です。

快適に使えています。

現在、ガラケーとスマホ2個もちです。

  • ソフトバンク ガラケー(通話のみパケットなし) 月額1008円
  • IIJmio iphone4s (データのみ通話なし) 月額1040円

月額2048円まで圧縮できました!めでたしめでたし!

 

 

-格安SIMの選び方
-, ,