世のよろず商品の選び方草紙

輸入雑貨屋歴10年のキャリアの視点から、モノ選び、商品選びについてプロ目線で語ります

キッチン・ウェアの選び方

コーヒーペーパーフィルター無しでコーヒーを

2015/01/13

ハリオ ドリッパーポット カフェオ 2杯用 CFO-2B

コーヒー・フィルターペーパーがきれてる=コーヒー飲みたいストレス無限大!

筆者は、コーヒーをよく飲みます。

朝食、夕食の後などにコーヒーを飲むのですが、

「コーヒーのフィルターペーパーがきれている!」

ってこと、ありますよね。フィルターペーパーをきらしてしまうという、あまりにもイージーなケアレスミス、しかし与えるストレスは無限大です。

そんなある日

フィルターペーパーなしのドリッパーを発見

それが、ハリオ ドリッパーポット カフェオ 2杯用 CFO-2Bなんです。

ガラスポットの上部に逆円すい状の金属製メッシュのドリッパーがセットされています。

ドリッパー

とても細かい網目をしていて、まるで繊維のようです。しかし、コーヒー豆はきっちりと、とどまりお湯はスムーズに下のポット部へしたたり落ちる仕組みになっています。触ってみるとペコペコと動くくらい柔らかいです。

で、肝心の味なのですが、金属風味がしたらどうしよう?などという心配は全くの無駄で、

「むしろ、おいしい!」

と思います。意外にもペーパー製よりも、このステンレスメッシュのほうが味が良いのには驚きました。理由はよくわかりませんが、ドリッパーのキメの細かさみたいなのが影響してるのでしょうか?

親切設計に筆者も脱帽

このシンプルなドリッパーポットですが、親切なギミックが満載です。

注ぐときに、フタやドリッパー部分が「パッカーー!」となって、コーヒー豆がこぼれるって事故を想定してあります。

一番上のフタは、下のドリッパーでロックされる仕組みになっていて、どんなに角度をつけて注いでもフタが開くことはありません。

ドリッパー部分は(一枚目の写真参照)、ヒレ?みたいなのが付いていてポットにセットするときに回しながら入れる仕様になっています。回すことでヒレ?がポット最上部のクビレのところで止まる仕組みになっています。

シンプルなギミックですが、これが便利というか安心設計で、思いのほか親切だなあと歓心いたします。

ポット

 

あと、規定どうりに入れたら上の写真のように、ちょうどコーヒー豆がポット内のコーヒーに浸からないようになっていて、よく出来てるな~~とこれまた歓心です。

 

hario07 hario

まとめ

朝の出勤前のコーヒーを入れるときに、エラーなくコーヒータイムを実現させてくれる、頼れるコーヒードリッパーです。

付属品

  • メーカー型番: CFO-2B
  • 容量: 実用量/300ml、満水容量/650ml
  • 材質: ポット/耐熱ガラス、フタ・ドリッパーフレーム・ホルダー・スプーン/ポリプロピレン、リッパーメッシュ部/ステンレス、ホルダーパッキン/シリコンゴム
  • 付属品: 計量スプーン

 

ハリオ ドリッパーポット カフェオ 2杯用 CFO-2Bの買える店

楽天ケンコーコムさん (税抜き1900円以上お買い上げで送料無料)

-キッチン・ウェアの選び方
-