世のよろず商品の選び方草紙

輸入雑貨屋歴10年のキャリアの視点から、モノ選び、商品選びについてプロ目線で語ります

キーボードの選び方

安いPCキーボードを使う理由

2017/07/03

概要

筆者は安いキーボードしか使いません。
それには他人から見ると、どうでもよい、つまらぬこだわりがそこにあるのです。

プロフェッショナル

筆者の仕事はいわゆるWEB系。エディタで毎日なにかのコードや文章を書くのが仕事です。

なので一番良く使う道具は「キーボード」。

17年ほど昔、WEB系職業デビューしたてのころは浮かれていました。

「キーボードやマウスは毎日、常時使うものだから良いものでないといかん!」

などと講釈を垂れており、マイクロソフトの1万円以上もするアルゴノミクス系デザインのキーボードを使っておりました。

現在はDELLでパソコンを買うと一緒についてくるキーボードや、ビックカメラで売ってる安いキーボード980円から1980円ぐらいのキーボードを使っています。

なぜ高いキーボードを使っていたのに、安物のキーボードに変えたのか?

筆者愛用のキーボード HP製 MODEL NO KB-0316

森本美由紀さん

森本美由紀さんの本を読んだからです。

森本美由紀さんは(2013年に亡くなられています)プロのファッション・イラストレーターです。森本美由紀 wiki

筆と墨の濃淡だけで描くイラストなのですが、スタイリッシュなことこの上なく、万人が素敵だなと思うこと間違いないのであります。

その森本美由紀さんが、ご自身の本の中で仕事の道具について書いておられてまして、そのなかに一番の道具、「筆」と「墨」についてどこでも売っている安いものを使っておられるとのことでした。

理由は「プロだから」

何処でも簡単に手に入るようなレベルの道具で、最高品質のものを提供できる技術のあるものがプロである。

と考えられていたわけです。

これに心打たれました。

プロとして道具のレベルが低くとも、自分の技術を研鑽することで道具の差を感じさせない。

筆者も森本美由紀さんのポリシーを真似させていただいて、キーボードは安いもの、すぐ手に入るようなものしか使わないように決めたのです。

そのようなわけで、筆者が安いキーボードしか使わない理由でございました。

 

 

 

-キーボードの選び方
-