世のよろず商品の選び方草紙

輸入雑貨屋歴10年のキャリアの視点から、モノ選び、商品選びについてプロ目線で語ります

お米の選び方

お米の品評会で特A米を食う生活 ノーライス・ノーライフ

2017/02/25

概要

2017年2月23日(平成29年)発表の米品評会の特Aのリストを掲載しています

人類は、毎日、穀類を食べる。

筆者は、過去にコンビニエンスストアの店長の資格を有したことがありまして、そのときにの研修ですごく偉いコンビニの会社の役員の方が、
「コンビニとは数千種類の商品を揃えることで、お客さんがコンビニに来店、そして、おにぎりや弁当を買っていく、いうのがビジネスモデルだ。」
と研修のしょっぱなでおっしゃられ、大変ぶったまげたのを覚えております。

ライスお米ごはん

日本人は毎日お米を食べます。
海外旅行とかに行って、現地ではしゃいでいても何日かしたら、お茶漬けや牛丼を食べたくなります。
日本人は、お米なしじゃ生きていけないカラダなのです。大切です。

でわ、その大事な

毎日、食べるお米、どうやって選んだらいいのでしょう?

って、ことになりますよね。なんせ毎日食べるのだから。
美味しいお米を、選びたい。

でも、その答えはいたって簡単に解決します。

日本穀物検定協会というところが、毎年食味評価試験というのを行っています。
そこでは、科学的かつ味覚的にランキング化されているのです。
なので、そのデータを参考にして、最高のお米を選ぶという方法です。

お米は、単位が5kgとかで、ちょっと試食しようか?となりにくいですよね。
こういう信頼できるところがまとめてくれている情報を利用できて、たすかります。

全部食べて、味を確かめていたら、かなりの時間がかかっちゃいますよね。

平成28年に作られたお米の評価情報です。
(平成29年公開の最新データです、2017年2月23日に公表。)
参照元 http://www.kokken.or.jp/ranking_area.html

一番上の最高評価のランクは、特Aなので、特Aに選ばれた県名とその品種を一覧にしました。

特A米一覧 (2016年度産 2017年2月23日発表データ)

  • 北海道
    • ななつぼし
    • ゆめぴりか
    • ふっくりんこ
  • 青森
    • 晴天の霹靂
  • 岩手
    • ひとめぼれ
  • 宮城
    • つや姫
  • 秋田
    • あきたこまち
  • 山形
    • ひとめぼれ
    • つや姫
  • 福島
    • コシヒカリ
  • 栃木
    • コシヒカリ
  • 神奈川
    • はるみ
  • 新潟
    • コシヒカリ
  • 富山
    • てんこもり
  • 福井
    • コシヒカリ
    • あきさかり
  • 山梨
    • コシヒカリ
  • 長野
    • コシヒカリ
  • 岐阜
    • ハツシモ
    • コシヒカリ
  • 滋賀
    • みずかがみ
  • 兵庫
    • コシヒカリ
    • きぬむすめ
  • 鳥取
    • きぬむすめ
  • 岡山
    • きぬむすめ
  • 広島
    • あきひかり
  • 香川
    • おいでまい
  • 愛媛
    • にこまる
  • 高知
    • にこまる
  • 福岡
    • 夢つくし
    • ヒノヒカリ
  • 佐賀
    • さがびより
  • 熊本
    • ヒノヒカリ
  • 大分
    • ひとめぼれ
  • 鹿児島
    • あきほなみ

いかがでしたか。

平成28年度産ランキングを振り返って

筆者の住んでいる岡山県の米「きぬむすめ」が初めての特A米にランクインしました。お隣の香川県の「おいでまい」もそろって特A米ランクイン!

岡山県は一級河川が3本もあり、晴れの国といわれるているぐらい気候も良いのに特A米が無いなあと思っておりました、この度の特A米ランクインわがことのようにうれしいです!

昨年、青森県知事が特A米ランク入りに涙したといわれている、青森の「青天の霹靂」が今年もすこやかにランクインしていました、他人事ながらほっこり。

そんなわけで、平成28年度産の特A米ランキングいかがだったでしょうか?当ブログで特A米ランキングの当ページを作り始めて3年目。最近は更新するときに特A米になれなかった品種の悲哀や、華々しく特Aデビューする品種のまぶしさを感じることができるようになりました。

日本人が毎日食べる米。お米を美味しくするために今日も多くの人達が努力し続けているってこと忘れません。

 

でわでわ~~

番外編コラム(2013年度版)

ちなみに、筆者のオススメは

熊本の「森のくまさん」です
というか、これしか実際に食べたことないので、申し訳ない・・。
あと、オススメなのは、香川の「おいでまい」です。四国エリアから初の特A評価のお米で、この米は香川県が開発した肝いりのお米です。どんな味なのか食べてみたいと思っております。

香川のおいでまい

近所のスーパーは便利ですが、流通の関係などでお米の選択肢が限られています。地元のJAなどがからんでいるのでしょうか、わりとエリア中心の品ぞろえになっているはずです。
もっと、全国区からお米を選びたい!という筆者の場合、お米はアマゾンで!
そして、森のくまさんを購入しています。

amazonが販売してる場合、送料が無料なのでありがたいです。

特Aのお米もネットなどで買えば、近所のスーパーと大差ないと思いますので、ぜひともこの特Aのお米をチョイスしてみてはいかがでしょうか?

筆者など、お昼もお弁当持参派ですので、美味しいお米は本当にありがたい。

毎日使うもの、食べるものの質をあげると、生活が楽しく幸せになり、幸せになると笑顔になる、そのように筆者は考えております。

お米はその点でも、しっかりと良いものを選ぶべき対象だとおもいます。
白米が美味しいと幸せですよ。

RICE IS BEAUTIFUL!

2014年3月2日追記

3月1日着で、森のくまさんをamazonで買いました。
森のくまさんを買う前に、実家の母より何のブランドかはわかりませんが、お米をもらっていて、それを食べていました(たぶん3kgほど)。
で、森のくまさんが届いて、ちょうどもらったお米と食べ比べになったんですけど、やっぱり美味しいです。
なんというか、「甘み」につながるような「うまみ」といいましょうか?
微妙なバランスなので、単に「甘い」などというような半端な表現では表せられない・・。
しかし、筆者も妻も、「森のくまさんは美味しいお米」というのを改めて認識したのでした。

でわでわ。

2014年 7月22日追記

またしても、森のくまさんを追加。
最近スパイスで作る本格カレーに凝っていますが、森のくまさんって本格カレーにもあいました。てか、基本美味しいから合いますわ。

2015年 2月20日追記

米品評会の最新データ 2015年2月19日のものを掲載

2016年5月14日追記

米品評会の最新データ 2016年2月19日ものを掲載

2016年2月24日追記

米品評会の最新データ2017年2月23日のものを掲載

-お米の選び方
-, , ,