世のよろず商品の選び方草紙

輸入雑貨屋歴10年のキャリアの視点から、モノ選び、商品選びについてプロ目線で語ります

家電店での買い方

【怖い話】某大型家電店でスマホを買ったときに・・・

2016/05/31

AndroidのSIMフリースマホ買ったろ!ってことで、ここんところ、ずーっとネットで情報チェックしてたんですね。で、だいたいわかってきたんです。

HUAWEIのAscend G620Sってのが、1万円台で購入できる、かなり良い品みたいなんですね、そそられます。

「決めた、これにしよう!」

てなわけで、駅前にある大型家電店のHPをチェックしたんですね。

そこのHPでは商品の一覧から、店舗別の在庫があるかどうか確認できるんです。

見たらあったんですね、15800円、店に在庫あり。

「よっしゃ、レッツ・ゴー」

てなもんで、駅前のお店に行ったんですよ。

それで早足でSIMフリースマホコーナー行ったんですよ、そしたら、その商品が並んでないんですよ。

「あっれっれ~~」

てなもんですよ。
こちとら、もう買いたい気持ちが120%にたかぶっているわけですよ。さっきHPで在庫も見とるわけですよ。
もう、買いたくて買いたくて買いたいわけなんですよ。

でもね、棚に並んでないんです。

しょうがないんでね、並んでないんで他のSIMフリースマホを見てたんです。
でもね、どれも中途半端なんですよ。俺が見込んだ「HUAWEIのAscend G620S」は安いし性能もいいんです。

でもね、今日買う!と決めてきているのでもうなんか買って帰りたいんですよ。この日の予定は新しいAndroidスマホをいじくり倒すことにもう決めちゃってるんですよ。

「もう、この別メーカーにしようかな~」

なんて、気持ちがよぎったところで、メガネ店員が通りかかったんです、白いナイロンベストを着てました。

で、聞いてみたんですね。

「HPではこの店に、『HUAWEIのAscend G620S』の在庫ありとなってたんですけど、無いんですか?」

 

メガネ店員 「そうですね、ありませんね」

筆者「でもねHPに在庫ありって、なってましたよ」

メガネ店員「いちおう・・、在庫見てきましょうか?」

筆者「お願いします」

 

そしたらね、なんと店員が「HUAWEIのAscend G620S」を持ってきたんです。

メガネ店員「在庫にありましたワ」

筆者「黒だったら、買います。黒ですか?」

メガネ店員「えーーと、黒ですよ」

筆者「買います!」

やった、買えた!やっぱり在庫あったと喜んだんですね。

で、店員と一緒にレジに向かってたんですけど、ふと気になったんですよ。

筆者「これ人気だから、店に出てたら売れるんじゃない?」

メガネ店員「前は店頭にならんでてて、すごい人気だったんですよ~」

筆者「なるほど、今並んでるのやつよりスペックいいし、値段安いから他のこれより高い奴が売れなくなるか!?」

メガネ店員「エヘ、エヘヘヘへへ~~ 」とエグい笑み。

 

え!この「HUAWEIのAscend G620S」は売れ筋、他の死に筋商品を売るためにあえて店頭に出ていなかったのか!!

もし、HPを見ずにこの店に来ていたらきっと他の商品を買ってしまったことだろう。

 

こういうことは商売の現場ではよくあることなのだろう。

確かに、死に筋をいかに売るかが店のがんばりどころだろう。売れ筋は放っておいても売れるものだ。

だけど、だけど、なにか怖い。

おとなしそうなメガネ店員の、「エヘヘへ、エヘ、エヘ」という意味深な笑顔が怖い。

こわすぎるよ~~~ ビックカメラ岡山駅前店!

 

みなさんも、買い物するときはいろいろとネットで調べたほうがいいですよ~ってお話でした。

 

 

 

-家電店での買い方
-