概要

Google App Engineの開発環境をつくって、IntelliJ IDEAでxdebugを使ってデバッグ出来るところまで設定しました。

知らないことばかりで苦労しました、悩んだ点、ハマった点を紹介しています。

アプリケーション・サーバーの環境について

  • Google App Engine はStandard Environment のほうです。
  • 言語はPHPです、バージョンは5.5です。
  • 開発環境は、windows10です。
  • IDEALLYはIntelliJ IDEA Ultimateです。
  • IntelliJ IDEAプラグ・イン、PHP、Google Cloud Toolsなど必須とされるものを全てインストールしてます。
  • IntelliJ のソフト購入が安くなる#侍割 はこちらからどうぞ。

手順

上記のページのとおりに粛々とすすめました。特に問題はありませんでした。

dev_appserver.py でローカル開発サーバーが起動しない

第一の問題は、いきなりdev_appserver.py . でローカル開発サーバーが起動しません。

dev_appserver.py: error: too few arguments

というようなエラーメッセージ。

https://gist.github.com/bryik/1f507969f5239625628d6b63f04eae60

上記のページを参考にで、レジストリエディタで、引数部分を書き換えました。

参考に、Google Cloud SDKバンドルのpythonの場合のレジストリ情報を貼っておきます。

Computer\HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\python.exe\shell\open\command
"C:\Users\Ben\AppData\Local\Google\Cloud SDK\google-cloud-sdk\platform\bundledpython\python.exe" "%1" %*

結構時間を費やしてしまいました。

IntelliJから開発サーバーを起動でupdate checkが入り起動失敗

実行デバッグ構成のコマンド行のところのに

--skip_sdk_update_check true

を入れとく

感想

Intellijも買いたて、GAE/PHPも燃えたぎる向上心からいきなり始めてみました。

ほぼ全てが初見での環境構築でしたので、1日以上かかってしまいました。

dev_appserver.py .でローカル開発サーバーが起動しないのに、かなり手を焼きました。幸いPC2台で環境構築をしており、何故かもう1台のPCは最初からdev_appserver.py . で起動したので普通に起動するんだというのがわかっていたので色々調べることが出来ましたが、なぜ似たような構成のwin10機でこのような違いがあるのか、その原因はわかっていません。

時間はかかりましたが、Intellij IDEAでGAE/PHPをプログラミング、デバッグ、デプロイ出来るようになりました。

PHPの取り回しが手軽に感じられるので、どしどしサービスを作ってみたいなと思っております。

最後に、設定画面などを貼り付けておきます。

現在動いている状況の設定です、ご参考にしてみてください。

Intellij IDEA 設定画面 画像ギャラリー

レジストリエディタdepythonの引数を加えています

 

CLIインタープリターの設定、Google Cloud SDKの中にあるPHP.exeを選んでします。

実行でバッグ構成の設定です。アップデートのチェックをスキップするのがキモです。

 

PHPのランタイムを設定する画面

 設定>フレームワークでApp Engineを設定する画面


最近の記事