広島から飛んできた零戦が岡山の岡南飛行場に着陸

岡南飛行場 零戦

写真© 山陽新聞より

熊さん
これ、ほんまもんの零戦かいな!?
編集長
この機体はパプアニューギニアで1970年代に発見されたんです。1990年代にサンタモニカ・ロシアでレストアされました。栄エンジンじゃなくてPRATT&Whitney社製を搭載しています。
熊さん
ほう。
編集長
そのあとニュージーランドで会社やってる石塚政秀さんって方が米国人のオーナーから買いもどしました。
熊さん
米国人が所有しとったんか!
編集長
買取価格は約3億5000万円らしいですよ。
熊さん
たっかいのう、でも石塚はんが買ってくれたおかげで日本のもんになったの!
編集長
日本のものづくりの原動力はここにあり!ってことで、東京の会社がフライトを企画したんです。
熊さん
はねのところにくまモンがついとるやんけ!
編集長
熊本地震の被災地を励まそうと、くまもんが翼にあしらわれてるんです。
熊さん
戦争のための機体やったけど、今は日本のみんなを励ます平和の使者なんじゃのう・・。(目を細める)
編集長
これから機体はいったん解体され船でアメリカに運ばます、メンテナンスされパイロット養成などに備えながら次の出番を待つことになります。
編集長
石塚さんたちは「零戦里帰りプロジェクト」と称して、この零戦の機体の管理やイベントを開催しています。
熊さん
まさに零戦の漢じゃのう。
編集長
寄付メンバーを募集しています、熊さんも寄付してサポートクラブメンバーになってみたらどうですか?
熊さん
わいは、零戦ならぬ、サイフがゼロ円のおとこじゃい!(涙)

岡山 岡南飛行場にきたときの動画

aaa