編集長は映像コンテンツが大好き。

昔は民放テレビ一択だった、今は違う。
映像コンテンツと書いたのは、提供している会社やサービスが無数にあるから。

リビングのテレビは「昔で言うところのテレビ」ではなく、モニターだ。
テレビの形をしているけど、テレビ局の番組じゃないものも鑑賞できる、というかそっちのほうが莫大なコンテンツがある。

スカパーなどの衛生放送、HULUやNETFLIX、GoogleにMicrosoftやAmazonなどのVOD。
そして、Youtubeやニコニコ動画、Abemaなどのオンライン動画サイト、民法のTVberなど。
ますます増える一方だ。

ゲームのXboxにはコレまたMixserとかTwichなどのゲーム中継サービス。

確かに便利で、なんでも見れる、何でも選べれるようになった。
しかし、なんでも選べれるということが、「疲れ」を生んでいることに気がついた。

会社から帰って、晩御飯をたべて一服。

ちょっと何か面白いものを観たいな。

まずチェックするのは民放のテレビの番組表、リモコンのレグザのボタンを押してEPGを見るのだ。

今日は面白いのはやっていないなあ、じゃあ次はBS・CS。

BS.CSは民放よりもチャンネル数が多い。横スクロール・ページ切り替えでどんどん番組表を見る。

BS・CSも今日はいまいちだなあ。

しょうがねえなあ。

レグザのリモコンの入力切替をHDMI1に切り替えて、AmazonFirestickをON。

TV番組と映画の新着をチェックしてゆく、どんどん出てくる、なんぼでも出てくる。

うーん映画の気分じゃないなあ・・。

しょうがねえ、Youtubeでサンドイッチマンのコントでも観るか。

AmazonFirestick内でYouTubeアプリを起動、サンドイッチマンを検索。

山盛り出て来る。

どれにしようか、ひたすらスクロール。

見れば見るほど、本当にサンドイッチマンのコントが観たかったのか自問してしまい、ゲシュタルト崩壊してくる。

そう言えば、野性爆弾も気になるなあ・・。

ホームに戻って、Amazonオリジナルコンテンツの野生爆弾の最新作をチェック。

アイドルと絡んでるのはどうもな・・・。

このあたりで、「選ぶこと」自体がゲシュタルト崩壊してくる。

ホームのサムネイルを意味もなく流し始める。

あ、里見八犬伝が入荷してる。

八つ墓村発見。それに天と地ともやってきたか。よしよし。

でも、いまは映画の気分じゃないんだ。

かといって、銀魂でもないしなあ・・。

しょうがねえなあ、NETFLIXでも覗いてみるか。

以下同じことをループ。

ふう、NETFLIXはアメリカドラマが多いなあ。

HULUを起動。

以下同じループ。

ちょっと、TVberでこのエリアでOATMEALされていないバラエティでも観るとするか。

TVberを起動。

以下同じループ。

オンライン系はチェックするの疲れたからやーめた、そうだ、録画しといたやつを観ることにしよう。

リモコンのボタンを押す。

NEWがついた番組名のリストが10個ほど有る。

なぜか萎える、録画はまた今度にしようか・・・。

そして、そっとリモコンを置き、ウイスキーを注ぎに台所へ歩いてゆくのだ。

今日はもういいや。

選びに選んで選び抜いたつもりが、コンテンツ・ベンダーのサムネイルにエネルギーを吸い取られているのである。

疲れてしまって、肝心のコンテンツを観ないのである。

「選ぶ」にはエネルギーを使うのだ。

サムネイルにカーソルが重なるたびに、脳内で瞬時に自動判定が行われる。

観たこと有るかどうか、新作かどうか、出演者は誰なのか、話題作なのか、どれぐらいの時間なのか、そもそも俺は観たいのか?

脳内自動判定の回数が多すぎると疲れてしまうのだ。

選びすぎてコンテンツを観る分のエネルギーまで使い込んでしまい、観るのを諦めてしまう。

選ぶことによるエネルギーと時間の消費は、はっきり言って無駄だ。

本来は、コンテンツを観ることにあてるべきだ。

今の時代の「選ぶ」には特別な筋力が必要なのだろう、「選ぶ筋」なしには無限大コンテンツ・サムネイル地獄を泳ぎきれない。

この「選ぶ」エネルギーの増大化は、世の中の全てにあてはまろうとしている。

インターネットとそれにつながるスマホと情報サービス企業のおかげで、情報は秒単位で大爆発。

どれを食べるか、どれを買うか、どれを観るか、どこで調べるか、どの端末を使うか、どれが儲かるのか。

もうすでにキリがないのである。

「選ぶ」エネルギーコストの低減が、質の高い生活へつながるのは間違いない。

「選ぶ」エネルギーコストの低減に決定的なメソッドはまだ無い。

AIに「人間の代わりに選ぶ」仕事をさせることになるのだろうと思う。

誰だって自分の時間は1日24時間、無駄に「選ぶ」時間はない。

人工知能に選ばせる、コレ正解。