このページのアイデアは無料でお使いいただけます!

日本でドローンの操縦などについて教える学校の数が、2017/09/13の時点で135校を超えました。(ドローン学校一覧参照)

2017年5月に、日本政府がロードマップを発表しました。(経済産業省のドローンロードマップ

それによると、2020年からのドローンを実際社会で活躍させる予定のようです。

 

現在から2020年までは実社会へのドローン活用への準備段階です。
その期間にどんどん新しい法整備や人材教育、マネジメント方法などが小発明されていくと思います。

過去に比較する存在がいない、新しい機械ドローンは、過去になかった新しいビジネスを創出するはずです。

ドローンが生み出す新ビジネスを、誰にも頼まれていないのに勝手に予測して提案しています。

このページのアイデアは無料です。

どしどしご利用になってあなたの事業の利益向上や社会貢献、雇用拡大にお役立てください。

日本政府がドローン活用を想定しているシーン

経済産業省のドローンロードマップ によると

  • 物流
  • 災害対応
  • インフラ維持管理
  • 測量
  • 農林水産業

になっています。

ドローン練習場

ドローンの飛行練習する場所を提供するサービス。

 

ドローンは規制があってどこでも飛ばすことができない。屋外でネットなどで天井を覆う、あるいは工場・旧体育館などの大きな天井の高い建物の中などがよいのではないだろうか。屋内である場合、天井が高く、広い場所を必要とするので大都会よりも地方都市のほうが適している。
行政と絡んだ地域活性化プランなどに適しているのではないだろうか。

カフェやショップなどを併設すると相乗効果が生まれそうだ。

ワンポイント!「何もないところが必要になる」ので、田舎、廃れた施設に価値が発生する。

行政との関連が可能

  • 過疎地活性化案の一つとして話題作りになる。田舎の廃校を再利用して話題をつくる。
  • 田舎の農業倉庫や耕作放棄地などを再利用する。
  • 港湾倉庫の空き倉庫を再利用する

必要なもの

  • ドローンを飛行させることが出来る、広い私有地

リスク

  • ドローンの普及率が高くないと採算が合わない。
  • 利用者は誰なのか?2017年9月時点では誰のニーズに応えたサービスなのかわからない。

外部リンク

ドローン学校を地方自治体が誘致した実例 2017/09/04

岡山県和気町がドローン学校を2017年10月開校を目指して調印しました、岡山エリアの新聞やテレビで報じられました。

こういったドローン・スクールによる、地域活性化に悩む地方自治体の動きが活発化しそうに感じました。

岡山県和気町の今後の動静が気になります。

RSK.co.jp ニュースより抜粋 2017/09/04

和気町「ドローン学校」開設へ

様々な分野で活躍する小型無人機「ドローン」です。
昨年度からの5年間で市場規模は約4倍になり、1600億円を超えるという試算もあります。
需要の増加に応えようと、操縦士を育成する学校が岡山県和気町にできることになりました。

今年10月の開校に向け、岡山県和気町の大森町長らが出席して調印式がありました。
日本で初めて、コンサルティング会社が運営するドローンの学校です。
基礎的な操作方法だけでなく、操縦士を必要としている会社を紹介するなどの支援も行ないます。
和気町が選ばれたのには、ある理由があります。
今年5月に開かれた体験会でも、はじめてリモコンを握る町民が快適にドローンを飛ばす姿がありました。
こうした練習環境に加え、近くに寝泊まりができる温泉旅館もあることから、遠くからの参加者を受け入れることができると言います。
今年10月に開校し、年間、最大240人を受け入れます。

関連記事へのリンク