このページのアイデアは無料でお使いいただけます!

日本でドローンの操縦などについて教える学校の数が、2017/05/23の時点で90を超えました。ドローン学校一覧参照

日本のドローンカルチャーの基礎は黎明期を超えたました。

過去に比較する存在がいない、新しい機械ドローンは、過去になかった新しいビジネスを創出するはずです。

このページでは、ドローンが生み出す新ビジネスを誰にも頼まれていないのに勝手に予測して提案しています。

このページのアイデアは無料です。どしどしご利用になってあなたの事業の利益向上や社会貢献、雇用拡大にお役立てください。

 

ドローン練習場

ドローンの飛行練習する場所を提供するサービス。

ドローンは規制があってどこでも飛ばすことができない。屋外でネットなどで天井を覆う、あるいは工場・旧体育館などの大きな天井の高い建物の中などがよいのではないだろうか。ある程度天井が高く、広い場所を必要とするので大都会よりも地方都市のほうが適している。行政と絡んだ地域活性化プランなどに適しているのではないだろうか。

ワンポイント!「何もないところが必要になる」ので、田舎、廃れた施設に価値が発生する。

行政リンクメソッド

  • 過疎地活性化案の一つとして話題作りになる。田舎の廃校を再利用して話題をつくる。
  • 田舎の農業倉庫や耕作放棄地などを再利用する。
  • 港湾倉庫の空き倉庫を再利用する

リスク

ドローン普及率が高くないと採算が合わない、なんらかのラインがあるはず。初期段階ではドローンメーカーやドローン学校が協力する形がいいと思う。

外部リンク